コーヒーメーカーの種類と初心者におすすめのマシン

  • ドリップ式コーヒーメーカーの淹れ方のコツ

    • ドリップ式コーヒーメーカーは、フィルターをセットして挽いたコーヒー豆を入れ、タンクに水を注いでスイッチを入れると自動でコーヒーが抽出されるのですが、より美味しくするために幾つかのコツがあります。


      コーヒー豆は新鮮の方が美味しく、焙煎された日によっても味が左右されるので、賞味期限よりも焙煎日に注意して選び、飲む直前に飲む分だけ挽くようにすると深い味わいや香りが楽しめます。

      法人タブレット関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

      また、予め適度に挽いてあるコーヒー豆は酸化する性質を持っているので、直前に挽いた物と比べると味が劣ります。



      コーヒー豆を挽く時には熱を加えないように注意しながら行い、粉の大きさが均一になるように挽き、粗挽きはお湯の通過速度が速く成分の抽出が遅いので、粉の量を増やす事で美味しい成分だけが抽出でき、中挽きはお湯の通過速度や成分の抽出など適度となるので基本的なコーヒーが味わえ、細挽きはお湯の通過速度は遅く成分の抽出が早いので雑味が出やすくなります。使用する水は軟水を使うと美味しく仕上がり、事前にコーヒーカップを温めておくと、出来上がったコーヒーを注ぐ時に温度が下がらず、香りが引き立っている状態で飲む事ができます。

      リクナビNEXT JOURNAL情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

      ドリップ式コーヒーメーカーは、コーヒー豆を挽くミル機能を内蔵した物や生豆の焙煎から行える物などもあり、フィルターはペーパーが一般的ですが、布やナイロン、金メッキを施した網などメーカーによって様々なコーヒーメーカーの種類があります。